トップ / 靴を修理した長くはく

靴は修理をして長く履き続ける

靴は決して使い捨てる消耗品では無いということを知っておかなければいけません。履き続けていますと傷が付いたり、ソールが磨り減ってきたり様々なダメージを受けてしまうことは避けられません。しかし修理を施すことによって綺麗に修復することが可能です。靴は長く履き続けて行く方が、足に馴染んで来て快適性が増してきます。ですので履き潰して捨ててしまうのではなく、修理を繰り返して出来るだけ長く履き続けることを意識することが大切です。最近では街中に専門業者をよく見かけるようになって来ましたので、利用することをお薦めします。

雑貨

お気に入りの靴は修理で再生

最近の靴は安価でデザインも豊富にありますが、自分の足型に合う物は意外と少ないもので、靴擦れが出来たりすることもあります。本革になると高価になりますが、履けば履くほど足になじんでいき歩きやすくなります。天候が悪い時などビニール製の物にしたりするのは良いと思いますが、出かける場所や服装によっては本革も良いものです。安価な物を修理までして履く気にはなれないかもしれませんが、高価な物やとても気に入ったデザインの物など修理をしながら長く履き続けるのも、物を大切にする意味でも良いのではないでしょうか。

↑PAGE TOP